英会話上達のために必要なたった一つのこと

英会話トレッキング

 

AKIKO
AKIKO

Hi there! 英会話トレッキングのAKIKOです!

最近、英語を教えたりすることに関わるようになり、色々な生徒さんやお客様と英語上達についての悩みにを聞くことが増えてきました。

 

その中で、ふと気づいたことがあったので、ここでシェアしたいと思います。

 

必要に迫られることの重要性

 

まず結論から言うと、もしも、英会話上達のために一番重要なことがあるとしたら、それはずばり、「必要に迫られること」です。あくまでこれは、私の経験に基づいた考えですが、かなり確信は持っています。

 

気づいたのですが、「語学留学したことがあるのですが、英語を自信もって話せません・・・」とおっしゃる方が意外に多いです。

 

なんでかなぁ、と思いました。お金も時間も掛けて勉強して、どうしてかなぁと。

 

で、気づいたのですが、特に「語学習得が目的」のための語学留学だと、ある意味、「この時期までに、このレベルくらいまでに英語力をアップしなければならない!」という必要に迫られてないからではないのかな、と私は仮説を立てています。

 

逆に、語学留学ではなくて、いわゆる留学で、自分の専門分野について学校で講義を受ける、とか、進級のために科目のテストに合格しなければならない、とか、そういう「必要にせまられる」ということがあると、猛烈に勉強しますよね。語学の勉強、というよりも、科目の勉強をしながら、その上で、分からない単語や文法をその都度調べて、学んでいく、と言う感じで。

 

あるいは、仕事にどうしても必要だから、話さなければ仕事にならない状況だと、これまた必死になって努力しますし、常に職場で否が応でも”話す”という行為を繰り返すことになるでしょう。

 

ひるがえって私自身どうだったかというと・・・

 

私は、いわゆる、留学というのはしていません。私の英語力向上は、まさに「必要に迫られること」の連続でした🤣

 

①まず、初めてのワーホリでカナダに行った時は、2週間毎日、現地のハローワーク(Job Seekers’ Office)に通い、英語の履歴書を試行錯誤しながら書くことで、結果、英語を勉強。現地ハローワークの方々と、毎日会話をして助けていただいた。(補足すると・・・片道航空券で行っていたし、貯金もなかったし、親の反対を押し切って来ていたこもあり、帰国するという選択肢がなく、なんとかのりきるしかない!という切羽詰まった状況でした😅💦)

 

②その後、採用されたレストランのキッチンで前菜コックとして働きながら、料理長に怒られながらほぼ半泣き状態で働きながらキッチンの英語を勉強(鍋の蓋、まな板、おたま、ざる、とかそういう単語、当初は一切分からなかったです🤣)。

 

③現地の雪崩の講習(Avalanche Skill Training Level1)を受講することで英語を勉強(専門用語ばかりで辞書が手放せないほど難しかったし、講習中は質問しまくりました😅)

 

④ニュージーランドでテレマークスキーのインストラクター試験のために、辞書を片手にテキストを読み込みながら、また勉強。そして、講習中にも質問の嵐&インストラクションのデモを英語でしなければならなかった。

 

⑤ミルフォード・トラックのガイドとなり、植物のことや歴史をお客様に英語で説明するために、また勉強・・・。お客様の前でプレゼンするために、文章を書き出して、ガイド仲間に添削してもらい、さらにそれを音読してもらって録音したものを、聴きながら、自分でも発話練習。。。。そしてガイド当日に、実践。

 

と言う感じで、上記のような「必要に迫られる」状況がたくさんありました。

 

 

なので、大人になってから、語学留学のためだけに、留学するのってどうなのかなぁ。正直効果あるのかなぁ、と思ってしまうのです・・・

 

語学学校に通うにしても、最初の1週間くらいの短期にして、あとは一人旅とかボランティア活動とか、あるいは若い方ならワーキングホリデーで、”実際に英語を使わなければならない環境に自分を置いてしまう”というのが私は一番てっとり早いと信じています。

 

英語って、勉強だけしても、実際に「英会話できる=英語でお話できる」となりたい場合には、あとはもう、実際に話をする練習以外、効果ないと思っています。特に、初心者の方に関しては。

 

基本的に、英語に限らず、語学を話せるようなることは、スポーツと一緒です。スポーツって、DVDみたり机上で理屈を勉強したって、できるようになりませんよね?それと一緒です。英語って、どんなに聞いたり、読んだりしても、脳にある情報を口の筋肉を使って、舌を動かして、喉を震わせて声を発する練習をしないと、永遠に話せるようになりません。

 

「英語できるようになったら、海外に働きに行ってみたいです」とおっしゃる方、そしたら永遠にその時は訪れないでしょう😅

 

そう言う時は「もう行っちゃう!」

 

これが一番。

 

と、私は信じています!

 

最初の一歩を踏み出すのはとても怖いですが、その壁を乗り越えられるかどうかが、鍵だと思っています。

 

英語に関することは、私のYouTubeでもお話していますので、もしよかったらぜひ聞いてみてくださいね!↓

 

私が英会話トレッキングを始めた理由をシェアします!(長いので、1.5倍速で見てください笑)

 

今日も読んでくださってありがとうございました!Thank you so much for your time to read my blog!

コメント

タイトルとURLをコピーしました